事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

ゴミ部屋の緊急片付け【東京都葛飾区】

現場は、1DKの賃貸アパート。
依頼者は部屋の住人。

作業場所1DKの賃貸アパート
依頼内容ごみの分別梱包・搬出、床・クロスの張替え、簡易消毒、ルームクリーニング
作業時間4時間(内装工事除く)
作業人数4名
作業料金128,000円(税別)ごみ処分代、内装工事代別途

ごみの片づけでお困りの方、緊急対応いたします!

部屋中、食品系ゴミを中心に、大量のゴミが堆積し、重度のゴミ部屋と化していた。

ただ、ゴミの中に食べ残しや飲み残しがなかったことが「不幸中の幸い」だった。
不衛生であっても、このような状況では、異臭濃度もたかが知れている。
また、餌がない分、ハエ・ゴキブリ・ネズミも発生しにくい。
仮に、食べ残し・飲み残しがあった場合、それらは腐敗し著しい悪臭を放つ。
同時に、ゴキブリやネズミが巣くってしまい、その糞尿で、かなり汚されてしまう。

室内に入らなくても、この部屋が放つ雰囲気は、どことなく異様。
同じアパートに暮らす他住人は、薄々、そのことを察知。
ただ、余計なことに関わりたくないから、誰もが知らぬフリ。
しかし、裏手の家に住む住人は、スルーしてくれなかった。

この部屋が異様なことになっていることを大家に伝えたのは、その住人。
昼間でもずっとカーテンが閉めっぱなしで、まずは、それが不自然に映った。
そして、何かのとき、少しだけカーテンを開けたとき、室内を目撃されたよう。
で、同じ町内に暮らし、顔見知りでもあった大家に通報され、早急に片付けることを命じられたのだった。

依頼者は、ゴミの片付けはもちろん、汚損した内装設備を改修・清掃するところまで責任を負うことに。
ただ、当初のゴミから想像されるほど内装は傷んでおらず、また、ある程度のゴミ異臭は残留したが重症ではなく、難なく消臭。
心配していたよりもはるかに軽い工事と清掃で原状回復することができ、依頼者の負担も想定以下でおさまり、一件落着したのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!