事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

独居老人孤独死【千葉県千葉市】

現場は、賃貸アパートの一室。
そこで暮らしていた独居老人が孤独死。

作業場所賃貸アパート 軽量鉄骨
依頼内容汚染か所の特殊清掃、汚物の梱包処分、家財の梱包と搬出、消臭、解体、原状回復工事
作業時間延べ1か月
作業人数延べ6名(内装工事除く)
作業料金260,000円(税別)内装工事別途

特殊清掃から消臭消毒・原状回復までお任せください!

タイミングが悪いことに、季節の暑さも手伝って、遺体は酷く腐敗。
「こんな状態になるまで誰も気づかなかったなんて・・・」と思うくらいの惨状に。
遺体自体を目撃したわけではなかったが、その遺体痕からは、肉は かなりの部分が溶けるまで腐敗し、一部、骨まで露出していたことが察せられた。

部屋の周囲には、明らかな異臭が漏洩。
重量鉄骨構造ならいざ知らず、このアパートは軽量鉄骨構造。
悪臭は極めて高濃度で、他の部屋に侵入してもおかしくない。
併せて、嗅ぎ覚えのない悪臭は、誰の鼻にも感じられたはず。
にも関わらず、異変を察知して通報する者はいなかった。

体調に異変をきたした故人は、布団から転がり出たのか、遺体痕は布団の真横に。
染み出た腐敗体液や溶け出た腐敗物は、床カーペットに浸透・付着。
その汚染痕は、故人の体形のまま。
まるでアートのような、リアルな人間痕となって、残留していた。

もはや、カーペットは「掃除」でどうこうできるレベルではなし。
まずは、汚染部分を切り剥がして撤去。
すると、その下のフェルトも腐敗体液をタップリ吸い込んでおりベチャベチャ。
更に、腐敗体液は、フェルト下のコンパネ下地にまで浸透。
更に更に、床を支える構造材の一部にまで到達していた。

ここまでくると、汚染部分を解体撤去するしか方法はない。
やや荒っぽい作業となったが、これを放っておいては消臭作業も進まない。
床板を切除することによって空いた大きな穴は簡易的に埋め、次の作業へ。
その後、最終的には、大がかりな内装改修の施工に至るのだが、最後の最後まで、「なんで、ここまでになるまで放っておかれたかな・・・」と疑問を感じ、同時に、故人を、少し気の毒に思ったった現場だった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!