事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

アパートの住人が孤独死【千葉県野田市】

現場は賃貸アパートの一室、間取りは2DK。
その和室で住人が孤独死。

作業場所賃貸アパート・2DK
依頼内容汚染畳の処理、残置物の梱包搬出、簡易消臭、衛生消毒
作業時間延べ7日
作業人数延べ4名
作業料金118,000円(税別)残置物処分費は別途

孤独死現場の片づけはヒューマンケアにお任せください!

遺体は、腐敗はそれなりに進行。
畳には、大きな遺体汚染が広がり、部屋中に異臭が充満。
ただ、外部への異臭漏洩はなく、ハエも少数で、幸い、近隣から苦情はきていなかった。

依頼者は、このアパート管理する不動産会社。
大家は、アパートの隣に居をかまえていたが、顔を出してこず。
大切な自分の財産(不動産)で起こったことだから気にはなりつつも、人の死に関わることだから、直接的には関わりたくなかったのだろう。
故人がどうこうということではなく、「死」というものは忌み嫌われやすいものだから仕方がない。
で、管理を任せている不動産会社に事の始末を一任していた。

残された家財を確認すると、全体的に質素。
ただ、独身者用にしては、やや大きすぎる冷蔵庫。
押し入れには、一組あれば充分のはずの布団も、何組か収納。
一人暮らしのわりに家財は多く、このアパートに越してくる前は、もっと広いところに住んでいたことが想像された。

遺体の腐敗は軽くなかったものの、特殊清掃は、それほど困難なものにはならず。
遺体痕は畳ごと処分するしかなく、表面に付着した遺体残留物をできるだけ除去。
浸み込んでしまったものは除きようがないのでそのまま。
畳ごとビニールに巻いて撤去。
床板にも若干のシミが発生していたが、これは部分的な改修工事で処理した。

人生には、色々なことがある。
いいこともあれば悪いこともある。
かつては、故人にも家族があり、人並の家に暮らしていたのかもしれなかったが、最期は一人きり。
結局、最後まで近しい身寄りは現れず、何ともいえない寂しさを引きずったまま、作業はひっそりと終わったのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!