事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

分譲マンションで孤独死(特殊清掃)【埼玉県さいたま市】

現場は、分譲マンションの一室。
そこで一人暮らしをしていた初老の女性が孤独死。

作業場所分譲マンション
依頼内容汚染部特殊清掃、遺品整理、不要物の梱包搬出、室内消臭、消毒
作業時間延べ2週間
作業人数延べ6名
作業料金178,000円(税別)家財処分費は別途

孤独死のあった室内消臭はヒューマンケアにお任せください!

そこは故人所有のマンション
放置された日数はそれなりに長く、遺体は、生前の面影をとどめることなく腐敗。
本来は固肉だったものまで液化し、そこからは大量の腐敗体液が流出。
著しい悪臭とともに床に広がっていった。

床材は、畳でもなく、木製フローリングでもなく、カーペットでもなく、プラスティックシート。
水分を防ぐ能力は高く、腐敗体液は浸透することなく、ただただ流れ広がるのみ。
腐敗体液には多くの脂分が含まれており、ベトベト・ヌルヌルの状態で、踏むと滑りやすい。
また、純粋な脂は、多少、黄色がかってはいるものの、透明で目視しにくい。
だから、特殊清掃をするからには、作業対象を定める必要がある。
そのため、目を近づけたり触ったりして汚染範囲を特定し、相応の処理を施した。

生前の故人は、きれい好きで几帳面な人だったよう。
部屋は、自分好みにコーディネートされ、家具や調度品もきれいに配置。
全体的な色合いも、自分の嗜好に合わせていたよう。
遺体痕と、そのニオイさえなければ、とてもオシャレな空間。
しかし、残念ながら、人一人が亡くなって放置されただけで、それらはすべて台なしになってしまう。
故人の気持ちを察すると極めて不本意と思われたが、人間は「死」を前にしては無力なもの。
「仕方がない」と諦めるほかなく、あとは、できるかぎり、死の痕を消すのみだった。

幸い、特殊清掃後の床には、目立った痕は残らず。
また、人工的に消臭した部屋のニオイは、「自然なニオイ」と言い切れるものにはならなかったが、少なくとも「クサい」という次元からは脱出。
とにもかくにも、故人が生きていてこその部屋だったわけで、本人がいなくなったからには、もう、あとは、相続人の手で事務的に処分されるのを待つだけだった。

それでも、一時的にでも、部屋を故人好みのオシャレな空間に戻すことができた。
作業後、独りよがりを承知で、「少しは故人の役に立てたかな・・・」と思えた現場だった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!