事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

高齢の男性が孤独死(特殊清掃)【千葉県成田市】

現場は、賃貸アパートの一室。
そこで暮らしていた高齢の男性が孤独死。

作業場所賃貸アパート
依頼内容汚物の梱包処理、特殊清掃、ウジ駆除、不要物の梱包搬出、室内の消臭消毒
作業時間延べ3週間
作業人数延べ6名
作業料金228,000円(税別)ごみ処分費別途
  • 汚物の梱包

  • 家財の梱包

  • 家財の搬出

  • 特殊清掃

孤独死部屋の処理はヒューマンケアにお任せください!

発見は遅れ、遺体は腐敗。
それを原因とする汚れは床に広がり、腹をえぐるほどの異臭が部屋に充満。
驚くほどではなかったが、いくらかの害虫も涌いていた。

もちろん、遺体を搬出したのは警察で、それが彼らの仕事。
仕方がないこととはいえ、部屋が汚れることや散らかることは眼中にない。
そのせいもあって、遺体による“汚れモノ”は、そこら中に散乱。
遺体の周辺にあったカーペットや座椅子、衣類や食品にまで汚染は拡大していた。

遺体系腐敗物はフローリングにも広く付着。
時間経過とともに凝固している部分もあり、そう簡単には除去できず。
ペリペリと削れる部分もあれば、ネットリとまとわりついている部分も。
また、少量とはいえ、床材の目地にも入り込んでいるため、それも掻き出す必要あり。
しかも、それをしても、床は元には戻らないわけで、そういう意味では達成感はいまいちな作業であった。

年齢はそれなりに高かったが、特段の持病はなかったよう。
誰かの世話も必要とせず、一人で生活を成り立たせていた。
この故人にかぎらず、老若男女、人の命なんて、いつどこで途絶えるかわからない。
とはいえ、大きな病気やケガがないところでは、何の前触れもなく、いきなり命が途絶えることを想像するのは難しい。
他の孤独死と同様、自分でもわけがわからないうちに、故人の命の灯は消えていったものと思われた。

人間は、「死」に対しては無力なもの。
早かれ遅かれ、寿命という摂理には従わなければならないときがくる。
「明日は我が身」とまでは思わなかったけど、そのくらいの意識は、常に頭の隅に置いておくべきなのではないかと思ったのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!