事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

ゴミ部屋問題も解決【埼玉県館林市】

現場は賃貸マンションの一室。
依頼者は、そこに暮らす女性。

作業場所賃貸マンション
依頼内容必要品と不要品の分別梱包、ゴミの搬出、簡易清掃
作業時間4時間
作業人数4名
作業料金128,000円(税別)ごみの処分費は別途
  • 食品ゴミも分別し梱包します。

  • 必要品と不要品も分別します。

  • 資源ごみの分別もします。

ゴミを溜めてしまっても一人で悩まないで!

部屋には、かなりの量のゴミが堆積。
食品ゴミ・衣類を筆頭に、カバン・バッグ類や化粧品など、生活用品とゴミが細々と混ざっているような状態。
ただ、不幸中の幸いで、ゴミの中には食べ残し・飲み残し等の腐敗系ゴミはほとんどなし。
多少の菓子クズが残っていたくらい。
したがって、著しい異臭や害虫の発生もなし。
内装建材も腐食している可能性は低く、掃除で復旧できる可能性が高そうに思えた。

難しかったのは、「すべてがゴミではない」というところ。
家具家電はもちろん、衣類や靴をはじめ、バッグや化粧品等、たくさんの必要品がゴミに混合。
それを、いちいち分けていかなければならず。
もちろん、「貴重品・必要品の取捨錯誤・滅失損傷は免責」とする契約にはしてあったが、だからといって無神経にやっていいことにはならない。
あらかじめ、捨ててはいけない物・捨てたくない物のリストを作ってもらい、作業中、判断に迷ったものは残しておき、後で、女性の確認をとることにした。

恥をさらすようで嫌だったのだろう、女性は作業に立ち会わず。
いくらゴミ部屋といっても、自分の部屋を見ず知らずの他人にひっくり返されることを受け入れるって、ある種の勇気がいることだと思う。
ただ、見ず知らずの他人だから頼めるってこともあるか・・・
とにもかくにも、できるかぎり、慎重かつ迅速な作業を心掛け、請け負った仕事を進めた。

シワシワのまま山積みになった洋服が目に障りはしたが、完全に隠れていた床も姿を現し、全体的にはかなりきれいに。
また、当初の予想通り、内装建材に汚損腐食はなく、砂のようになったホコリや菓子クズが残留したのみ。
これは、掃除機と雑巾がけですぐにきれいに。
帰宅した女性は、必要品をキチンと分別した作業を大いに評価してくれ、また、大いに喜んでくれたのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!