事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

孤独死部屋の特殊清掃【千葉県我孫子市】

現場は住宅地に建つ一軒家。
そこで暮らしていた高齢女性が孤独死。

作業場所住宅地に建つ一軒家
依頼内容汚染部の特殊清掃、汚物の撤去、不要物の梱包搬出、消臭、※内装工事は指定業者
作業時間延べ2週間
作業人数延べ6名
作業料金270,000円(税別)ごみの処分費は別途
  • 床に広がる体液

  • 専用洗剤で清掃

  • 食器棚下まで広がる体液

  • 体液はCF下まで

孤独死で発見が遅れてしまった際はご相談ください!

台所仕事でもしていたのか、具合が悪くなって吐き気でももよおしたのか、一階キッチンの流し台の前で倒れたよう。
そして、そのまま何日も放置。
季節の暑さも手伝って、遺体は、深刻な状態になるまで腐敗してしまった。

遺体から発生する腐敗体液は、時の経過にしたがって滲み出る一方。
また、床材は、透水性のないクッションフロアだったため、重力にしたがって流れるのみ。
カーペットや畳と異なり、床に浸み込むことはなく、かなりの広範囲を汚染。
赤黒く染まった床だけでなく、その模様が、現場の凄惨さを増幅させていた。

一階部分には凄まじい悪臭が充満。
気温の高さが、それを更に増長。
しかしながら、それに比べて、ウジ・ハエの発生は少量。
どういう事情か、ウジャウジャいてもおかしくない連中の姿は意外なほど少数だった。

遺体汚染については特殊清掃を実施。
汚染範囲が広いことと、固く凝固している部分も多かったことで、作業は難儀ものに。
しかし、透水性のない床材であったことが幸いし、外観だけは、原状を回復。
仮に、写真で見たとしたら、何の問題も見受けられないくらいきれいになった。

そうは言っても、この床はそのまま使うのは無理。
表からは確認しにくいが、流し台の下や床材の切り際には腐敗体液が浸み込んでいる可能性が高く、ニオイもとり切れないし、とにかく、不衛生。
また誰かがこの家に暮らすとなったら、キッチン周りは大がかりな内装改修工事が必要な状態だった。

とにもかくにも、作業前に比べたら雲泥の差。
見た目だけは、見違えるようにきれいになり、その作業成果に、依頼者は驚くとともに大満足してくれたのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!