事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

木造アパートの一室で住人が孤独死【埼玉県川越市】

木造アパートの一室で住人が孤独死。
体調を崩していたのか、布団に横になったままで。

作業場所木造アパート
依頼内容汚染布団・汚物の梱包処理、ウジとハエの駆除、消臭消毒、遺品整理、不要物の梱包搬出
作業時間延べ3週間
作業人数延べ6名
作業料金245,000円(税別)ごみの処分費は別途

ウジとハエの駆除でお困りの方はご連絡ください!

肉体の腐敗はすすみ、布団には大きな体液ジミが発生。
多くのウジも見受けられ、その後、この部屋はハエまみれになる運命にあった。

遺体汚染が畳にまで到達しているかどうか確認するため、敷布団をめくってみた。
すると、そこには、驚愕の光景が。
丸々と太ったウジと、ハエになる前の蛹(さなぎ)が、無数に。
驚いたのはこちらだけでなく、ウジ側も同様。
全体で固まっていたものが、散り散りに拡散逃亡しはじめた。

その光景に、更に、こちらも動揺。
建物の隙間を抜けて、他の部屋に侵入されでもしたら大変。
アパート中が大騒ぎになってしまう。
そうならないよう、急いで掃除機を持ってきて、素早く吸引した。

ちなみに、市販のウジ駆除剤は、ほとんど効かない。
その上、それはそれで、不快な刺激臭があるし、更に畳を汚してしまう。
冷凍死させるか熱湯死させるか、今回のように物理的に除去するしか手はない。
ただ、現場では、冷凍も熱湯も実用的ではない。
で、原始的ながら、掃除機で吸うのがもっとも有効なのである。

しかしながら、発生したウジの100%を除去できた保証はない。
念のため、大家に状況を説明して、他の部屋にウジ・ハエが侵入してくる可能性があることを伝え、注意喚起。
ただ、幸いなことに、その心配は現実のものとはならずに済んだ。

初日に逃げのびたヤツもいたようで、その後、当室には、数日に渡ってハエが発生。
殺虫剤はウジには効きにくいけど、ハエにはよく効く。
せっかく生き延びた者を始末するのは気の毒ではあったが、当然、放っておくわけにもいかず。
スプレー式の殺虫剤で撃墜し、最後に掃除機で吸って、害虫との戦いは終わったのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!