事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

大量の腐敗体液が漏洩【東京都府中市】

現場は、老朽アパートの一室。
そこで暮らしていた住人が孤独死。

作業場所老朽アパート
依頼内容特殊清掃、家財処分、消臭消毒
作業時間延べ3週間
作業人数延べ6名
作業料金175,000円(税別)ごみの処分費は別途

汚染した畳の処理もお任せください!

ただちに、その死に気づく者はおらず、何日も放置。
遺体は腐敗溶解し、そこからは大量の腐敗体液が漏洩。
その汚染は、周辺の家財を巻き込みながら、畳にも広く浸透。
凄まじい悪臭とともに、凄惨な光景をつくり出していた。

請け負った作業は、特殊清掃・家財処分・消臭消毒。
ただ、「特殊清掃」と言っても、実際は、不衛生物の処分が主な作業。
腐敗遺体液にまみれた生活用品・雑貨を撤去。
また、畳も、掃除でどうこうできるものではなく、とにかく撤去。
すると、悪い予感の通り、遺体液は、畳の下の床板にまで浸透していた。

畳同様、床板も掃除でどうこうできるものではなし。
汚染個所を切り剥がすしか手はない。
とはいえ、一部には厚みのある汚染があり、それらは、できるかぎり除去。
念のため、その他の部分も、消毒液を塗布。
それから、汚れている部分とその周辺を切り剥がし、新しい木板で埋め戻した。

ここは、かなりの老朽アパート。
それでも、部屋がきれいな状態であれば、新規入居者を募集したいそう。
しかし、フツーの部屋でなくなったこの部屋については、改修費と家賃と建物寿命を天秤にかけて検討。
「大金をかけてきれいにしても、その分を回収するより建物がダメになる方が先」との結論に至り、必要最低限の作業に留めておくことになった

結局、この部屋に新しい畳が入ることはなく、そのまま空室に。
当初は、「アパートごと取り壊さなければならない?」と心配した大家だったが、そんな大事にならず事態は収拾。
少なからず当方の仕事が役に立ったわけで、大家は、その仕事ぶりに感心してくれるとともに満足もしてくれたのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!