事例紹介

ヒューマンケアの事例紹介Example

依頼者不在の案件・依頼者了承を得た案件のみ掲載をしています

マンションの一室で男性が急死【東京都渋谷区】

現場は、賃貸マンションの一室。
そこで暮らしていた男性が急死。

作業場所賃貸マンション
依頼内容汚染部の特殊清掃、遺品整理、不用品の梱包搬出、消臭  作業後、解体と原状回復工事
作業時間延べ3週間
作業人数延べ6名
作業料金178,000円(税別)ごみの処分費は別途

大量の体液漏れ清掃はヒューマンケアにお任せください!

そして、そのまま、しばらく放置。
遺体痕から想像するに、口や鼻から、血液が多く混ざった大量の体液が流出したものと思われた。

遺族や保証人等との協議が円滑に進まなかったのだろう。
遺体が搬出されてからも、現場は、そのまま、しばらく放置。
床に付着した腐敗体液は、脂分が少なくカチカチに凝固。
清掃による床の復旧が不可能であることは、現場をみただけで即断できた。

作業の依頼者は、マンションの管理会社。
故人に身内はいたが、部屋の賃貸借契約の保証人でもなく、相続人でもなかったため、事態の収拾には非協力的。
自分に害が及ばないことでも、本件に関わることを拒絶したようで、管理会社が前面に出ないと事が収まらない状況になっていた。

管理会社の担当者も、部屋を確認。
ニオイも汚れも、かなり深刻な状況であることを把握。
したがって、当室が、清掃消臭作業のみで原状回復できるものとは考えず。
当方が言うまでもなく、「床材や壁紙の貼り替えをはじめ、全体的なリフォームが必須」との考えに。
管理会社がそれを理解してくれていると、仕事はやりやすい。
まずは、内装改修工事をするための作業に着手した。

床にシミが残留することは、事前に告知。
ただ、管理会社が予想していたよりはるかにきれいになったよう。
「思ってたより全然きれいです!」と感心してくれた。
また、ニオイについても同様で、当初は凄まじい悪臭が充満していたわけで、「あれだけクサかったのに・・・さすがプロですね!」と作業のクオリティーを高く評価してくれ、「内装工事もよろしくお願いします!」と頼りにしてもらえたのだった。

ヒューマンケアの事例紹介Example

ご相談、お見積りは無料です

0120-74-4949

年中無休365日 24時間電話対応 見積無料

全国対応 秘密厳守 スピード対応
どんな現場もお任せください!他の清掃会社様で断られた案件もご相談ください。秘密厳守・個人情報厳守ではじめから終わりまで、一貫して進めてまいります。一人で悩む前にまずはご相談を!